今回は、自分の話をします。

 

今まで結構、自分が思うことを、

誰かに対してOUTPUTしてきませんでした。

その理由は、「どうせ理解されないから」。

 

幼い時からそうだったのですが、

大きくなってからも、

何か思っていることを話しても

「へーすごいね」

「そんなこと考えるんだね」

で終わってしまい、

自分の熱や思考が全く伝わらないことばかりでした。

 

それは悲しいとか寂しいとかいうよりも、

単純に、すげーつまんなかった。

会話のキャッチボールにならないし

相手の考えが聞けるわけでも

自分の思考が深まったり広がったりするわけでもない。

 

そんな経験が続くと、

誰かに話そうとか伝えたいとか

そんなふうに思う気持ちは自然消滅していきました。

表向きなことは発出するけど、

大事なとこは無意識に、自分の内に閉じ込めてきました。

 

しかしながら今更になって

その状態が自分自身の思考を狭めたり

成長を妨げたりするもんだと感じた出来事があり

積極的にOUTPUTしていこうと思います。

諦めずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です