「プログラミング」と聞くと、なんだか難しそうに思いませんか?

実はExcelでも、プログラミングに通じる基礎力が身に付きます。

 

Excelでのプログラミングと聞くと、「マクロ」や「VBA」と

思い浮かべるかもしれません。

それはもう完全にプログラミングになるのですが、

Excelの数式や関数をうまく使えるようになると

あらゆる作業について「どんな処理が必要なのか」を

一つずつかみ砕くことになります。

 

例えば、

「この集計、商品名を書けば、マスタの単価が自動で表示されないかなー」

と思ったとします。

これをExcelの関数で表現するときに、頭の中で処理する流れは

シート名「集計」のB列に書いた商品名が

別のシート「商品マスタ」のB列にある商品名と一致するF列の単価を

引っ張ってくることはできないかなぁ、

と考えて、VLOOKUPという関数を使うことになります。

 

更に細かくセル単位で指定したりどの作業を繰り返すかなどを

突き詰めてコード化していくとマクロが組めますが、

Excel関数でもそのくらいはできるわけです。

 

「このご時世、プログラミングでも学んでみようかな」と

悩んでいるもののまだ一歩が踏み出せないのなら

ぜひ、今の仕事で使っている「Excel」のスキルアップをすることで

作業を「分解」して「整理」して「処理」をしていく力を

身につけてみてはいかがでしょうか。

 

私は最近色々ありまして、

Phythonを学んでみようと思い立ちました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です