◆「A1セル」に移動してから保存する

Excelを複数人が見る可能性に備え、
A1セル、すなわちシートの一番左上に
移動してから保存するようにしましょう。

でも、
なんでこんなことをするのでしょうか?

例えば
ホチキス止めされた紙の資料を回し読みする際、
読み終わった人は普通1ページ目に戻して
次の人に回します。

Excelファイルも通常は
左上から見ていくので、
これと同じ気遣いが必要なのです。

ファイルを開いたときに表示されるのは、
保存時に、最後に選択されていたセルです。

中途半端な場所のセルが表示されると
「いちいちスクロールして戻るの?面倒だなあ」
と思わせてしまうことになります。

A1に移動するのは、
Windows版なら「Ctrl + Home」、
Mac版なら「command + Home」です。

※ウィンドウ枠の固定をしていれば
 固定したセルに戻ります。

ぜひ実践ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です